バストアップの方法 サプリや運動で胸を大きく!

バストアップに役立つ情報を色々と取り扱っています。食べ物やサプリメント、筋トレや体操などお役立ち情報を纏めています。

バストの構造とバストを構成している組織の機能

      2015/05/05

11

女性のバストは、肋骨、大胸筋、クーパー靭帯、乳腺、脂肪組織、乳管群、乳頭、皮膚という8つの組織で構成されています。そしてこれらのうちバストアップをするにあたって重要となるのが、大胸筋、クーパー靭帯、乳腺、脂肪組織の4種類です。

つまりバストアップのためには、これらの組織を鍛えたり、成長させたりする必要があるということになります。ここでは、バストの構造と、バストアップにとって重要な組織についてわかりやすく解説させていただきます。

バストの構造

女性のバストは、肋骨、大胸筋、クーパー靭帯、乳腺、脂肪組織、乳管群、乳頭、皮膚という8つの組織から成っています。

そしてこれらの組織は、バストの「土台」を構成する部分と「乳房」を構成する部分とに分けられます。

バストの土台を構成しているのは肋骨と大胸筋で、大胸筋は肋骨を守るようについています。

これに対してバストの乳房を構成しているのは乳腺、脂肪組織、乳管群、乳頭、皮膚で、これらのうちいわゆるバストの“膨らみ”の部分を構成しているのが、乳腺と脂肪組織です。乳房の中で脂肪は乳腺の周りを囲むようについており、その脂肪によって乳房に膨らみが出ているというわけですね。

そしてバストの土台と乳房は、クーパー靭帯によって繫がれています。

バストアップにとって重要な組織

バストの構造についてわかったところで、次はバストアップにとって重要な組織について説明していきたいと思います。

上でも書きましたがバストは、大胸筋でできた土台と乳腺とその周りを囲むようについた脂肪組織で構成される乳房とで成り立っています。そのためバストアップをするためには、大胸筋、乳腺、脂肪組織に加え、バストの土台と乳房をつないでいるクーパー靭帯という、合わせて4つの組織が重要になります。

大胸筋

大胸筋は、バストの“土台”としての役割を担っている組織です。

ちなみに大胸筋を鍛えたからといってバストサイズが大きくなるというわけではありません。しかし大胸筋は乳房を支える重要な役割を果たしているため、胸が垂れるのを予防するためにも日頃から大胸筋のトレーニングをしておくことが大切です。

クーパー靭帯

クーパー靭帯は線維組織が束状になっている組織で、乳房の中に張り巡らされている乳腺と大胸筋や皮膚とをつないでいます。つまりクーパー靭帯は、乳房と大胸筋とをつないで胸が垂れないように一生懸命頑張ってくれているというわけですね。

ちなみにこのクーパー靭帯は、一度伸びてしまうと元に戻ることがありません。そのため日々のケアによって、クーパー靭帯を伸ばさないようにすることが大切です。

乳腺

乳腺とは、母乳を作る機能を持つ女性にとって非常に大切な器官です。

乳房の中には乳腺が張り巡らされており、その周りを囲むようにして脂肪がつくことによって乳房は膨らみを保っています。

そのためバストサイズを大きくするためにはまず、この乳腺を発達させる必要があります。

脂肪組織

乳房は、乳腺の周りを囲むように脂肪組織がつくことによってその膨らみを保っています。他の部分に関しては脂肪がつかないにこしたことはないのですが、ことバストに関しては、「できるだけ沢山の脂肪がついてほしい!!」と思っている女性がほとんどではないでしょうか。

ただしバストは、ただ単に脂肪を増やす、平たく言うと“太る”だけでは大きくすることができません。バストを大きくするためには乳房の中に張り巡らされている乳腺を発達させ、そのうえで脂肪を付けていく必要があるのです。

まとめ

以上のように、バストアップにとって大切な組織には大胸筋・クーパー靭帯・乳腺・脂肪という4種類の組織があります。そしてこれらの組織には、それぞれ異なる特徴と役割があります。

そのためバストを大きくするためにはまず、これら4種類の組織についてしっかりと理解し、それぞれに適したケアやトレーニングをしていくことが大切なのです。

 - バストの構造







Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

意外と複雑!?バストの構造とその仕組み

バストサイズを大きくすること、あるいは胸の形をキレイに保つことは、女性にとって永 …