バストアップの方法 サプリや運動で胸を大きく!

バストアップに役立つ情報を色々と取り扱っています。食べ物やサプリメント、筋トレや体操などお役立ち情報を纏めています。

あなたは大丈夫!?バストアップにとってNGとなる3つの生活習慣

   

25

バストアップのためには、マッサージやサプリメントだけではなく、毎日の生活習慣を見直すことも大切です。

では、バストを大きくするうえでNGとなる生活習慣とは、一体どのようなものなのでしょうか。

今回は、バストアップにとってNGとなる生活習慣について、ご紹介させていただきます。毎日何気なくしていることが、実はバストアップにとってNGだった、何てこともありますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

1.いつも夜更かしをしている

バストアップにとってNGとなる生活習慣としてはまず、いつも夜更かしばかりしている、という点が挙げられます。

バストが成長するためにはこれを構成している乳腺や脂肪細胞を成長させる必要があるのですが、この時に必要になってくるのが、「成長ホルモン」です。我々の体を構成している細胞は、この成長ホルモンによる刺激を受けることによって、生まれ変わったり成長したり、傷ついた部分を修復したりしているからです。

そしてこの成長ホルモンですが、その90パーセント以上が就寝中に分泌されています。また成長ホルモンが最も盛んに分泌されるのが夜10時から深夜2時までの4時間であるということがわかっています。

そうすると、いつも夜更かしばかりしていてこの時間に就寝できていなかったり、あるいは睡眠時間自体が不足していたりすると、バストを成長させるのに必要な成長ホルモンが分泌されなくなってしまうのです。

バストアップを目指すのであれば、あまり夜更かしをせず、できるだけ早く就寝するようにしましょう。

2.デスクワーク中心で肩が凝っている

バストアップにとってNGとなる生活習慣としては、デスクワークやいつも同じ姿勢ばかりであるために肩が凝っている、という点も挙げられます。

肩が凝っているということは、肩やその周りの筋肉が過緊張状態にあることを意味します。そして筋肉が過緊張状態に陥ると、その周辺の血行やリンパの流れが悪くなってしまうことがあるのです。

そうすると、その近くにあるバストも当然影響を受けますので、バストアップに効果的な食材を食べたりバストアップマッサージをしたりしても、その効果を実感することができなくなってしまいます。

バストアップのためには全身の状態を整えて体のめぐりを良くする必要がありますので、現在肩こりに悩まされているという方は、マッサージに行ったり運動をしたりして、肩こりを解消するところから始める必要があります。

3.外食がメインで栄養が偏りがちである

バストアップにNGとなる生活習慣としては、外食やコンビニ弁当ばかりで栄養が偏りがちである、という点も挙げられます。

バストを構成する乳腺や脂肪細胞は全て、食事などによって体内に取り込まれた栄養素を“原料”として作られています。そのため体内に取り込まれる栄養素が偏ってしまうと、いくらバストを成長させたくてもその“原料”が不足してしまい、バストを大きくすることができなくなってしまうのです。

バストアップに効果的な食材としてはたんぱく質を豊富に含む肉類や大豆製品、ビタミン類を豊富に含むホウレン草やニンジン、カボチャ、ニラ、ネギなどがありますので、毎日の食事にこれらの食材を意識的に取り入れ、バランスの取れた食生活を心がけましょう。

いかがでしたでしょうか。現在の生活習慣を振り返ってみて、いくつかあてはまるものはありましたか?もしも当てはまるものがあるという場合は現在行っているバストアップケアの効果を十分に得られない可能性がありますので、早急に改善することをおすすめします。

外側からも内側からも正しいケアをして、誰にも負けない美しいバストを手に入れましょう。

 - バストアップの豆知識

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

43
気になる噂を徹底検証 「恋をするとバストが大きくなる」ってホント!?

皆様は、「恋をするとバストが大きくなる」という噂を聞いたことがありますか?果たし …

34
プチ整形でバストアップ!?その方法を徹底解説!!

美容クリニック等で行う豊胸手術というと、体にメスを入れてシリコンバグを注入し・・ …

38
気になる噂を徹底検証「胸を揉むと大きくなる」って、ホント!?

突然ですが皆様、「胸は揉んだら大きくなる」という話を聞いたことはありませんか?あ …

46
乳腺質バストと脂肪質バスト

女性のバストには2種類の“質”があるということをご存知ですか? 「バストなんて大 …